他のカテゴリー
Eng

田屋

田屋について田屋の歴史 > 平成 1989~現在

About Taya
田屋について

田屋の歴史

1989
(平成元)

昭和天皇逝去、ベルリンの壁崩壊、冷戦終結…、「昭和」という一つの時代が終わった。

田屋織物工房(製造部門)を山形県米沢市に設立する。

田屋織物工房

田屋織物工房

米沢織の伝統と銀座の老舗が出会った。

ネクタイの<オーバーテン>シリーズ、シルク地のシャツなど、本格的な「TAYAオリジナル」はここでスタートを切った。専門店では稀な自社工房を田屋は持った。それは「よそにはないモノ創り」を目指した章の念願でもあった。
ネクタイに限らず、帽子、シャツ、ベストなどトータル方向を目指すきっかけにもなった。ささやかだが、一つの時代が幕を開けた。

1992
(平成 4)

8月、玉川店が玉川髙島屋S・C本館に新装移転。

1995
(平成 7)

新たな織機の導入。オリジナルネクタイ<オーバーテン>の誕生。

オーバーテン・タグ(平成7年~)

オーバーテン・タグ(平成7年~)

この年、新たな織機の導入と、長年の研鑽が成果を生んだ。
オリジナルネクタイ<オーバーテン>の誕生である。
その名の通り10色以上の色数が、従来の表現力を飛躍的に高めた。色数ばかりではない。糸の太さ、織りの手間。様々な制約と工夫を経て、田屋の自信作が出来上がった。自社工房の強みが発揮されたのだ。

平成のオリジナルタイ

平成のオリジナルタイ

厳選された絹糸、個性的な柄。何より結びやすく、締めやすい。
流行は取り入れても、一線を画すのが、田屋の姿勢。
あらゆるモチーフを多用した"遊び心"のある柄が人気を博している。

1999
(平成11)

10月、札幌エスタがアピアに改称。それに伴い、札幌店が新装移転。

11月、章死去につき、梶原楊子が代表取締役社長に就任。

2001
(平成13)

― 21世紀の幕開け

2002
(平成14)

2月、金沢店がめいてつエムザに新装移転。

2003
(平成15)

東急文化会館閉館に伴い、渋谷店閉店

2004
(平成16)

「田屋ホームページ開設」

2005
(平成17)

田屋、創業100年をむかえる

2006
(平成18)

3月、名古屋店が栄メルサに新装移転。

4月、大阪店閉店。

2007
(平成19)

6月、梶原楊子が代表取締役会長に就任。梶原伸悟が代表取締役社長に就任。

10月、ホテルニューオータニ東京にニューオータニ店がオープン。

2008
(平成20)

3月、栄メルサにて名古屋店が新装オープン。

干支(十二支)ネクタイ

干支(十二支)ネクタイ

年度の干支を中心に、十二支(12種)の動物柄が毎年入れ替わる。
毎年、楽しみにされている方も多い、年末恒例の人気シリーズ。

2010
(平成22)

1月 名古屋店閉店。

9月 ブランドロゴの変更。

新旧 田屋ブランドロゴ

文字は、従来のフォルムを継承しつつスリムな字体に。これには、「伝統とこだわりを大切にしつつ、新しい時代へ飛躍する」という思いが込められている。

マークは、重厚な面持ちの紳士から、ハットをかぶった紳士のシンプルなシルエットへ。これには、「型にとらわれず、それぞれのスタイルに合ったお洒落を楽しんでほしい」という思いが込めらている。

9月 銀座本店44年ぶりに全面改装オープン。

田屋 銀座本店

田屋 銀座本店

公募件数316件から、建築家千葉学氏の設計が選ばれた。
外観は、光の角度で印象が変わる、バイブレーション仕上げのステンレスを使用。
内装は、ステンレスと黒檀を合わせたシャープなデザインに。また2階を、お客様にゆったりとお過ごしいただけるサロン風の売り場とした。新装を終え、次の100年を目指し、歩み出した田屋。伝統をタテ糸とするなら、トレンドはヨコ糸。
先人が紡ぎ、織り成した銀座、老舗という生地の末端を、田屋もまた、織り続けなければならない。

イニシャルネクタイ

イニシャルネクタイ

アルファベット26文字が、一文字一柄のネクタイに。
全26柄が揃う、ギフトに適した、田屋ならではのシリーズ。毎年デザインが入れ替わる。

2017
(平成29)

10月田屋ホームページリニューアルオープン