他のカテゴリー
Eng

田屋

田屋について

About Taya
田屋について

会社概要

会社名 株式会社 田屋
代表取締役 梶原伸悟
創業 1905年(明治38)
設立 1952年(昭和27)9月
資本金 2000万円
事業内容 自社のオリジナル品を中心とする内外の紳士洋品/小物雑貨の小売販売
所在地 〒104-0061 
東京都中央区銀座4丁目6-17
電話番号 03-3563-3431
従業員数 34名(2017年10月現在)
店舗 銀座本店 ホテルニューオータニ店 玉川店
金沢店 札幌店 商品企画部(仕入/企画)
工房 田屋織物工房(山形県米沢市)

弊社について

明治から続く、数少ない紳士洋品の店、田屋。1905年の創業以来、伝統ある専門店の集う銀座で、世代を超えて、皆様からの厚いご支持を賜っております。接客には、質の高いサービスを心がけ、物づくりには、歴史に磨かれた感性と研鑽を活かし、常に紳士の憧れを満たす最高のものを、皆様にご提供できるよう努めて参りました。
店格・人格・品格。店舗としての格、スタッフとしての格、商品としての格、それぞれを高めるべく、お客様には誠実さと奉仕を、社内においては堅実かつ謙虚に身を処し、社業の発展と生活の向上を、日々目指しております。
1989年、山形県米沢市に田屋織物工房を設立。専門店でも余り例の見ない自社工場を、あえて持つことで、従来以上にオリジナル商品の拡充を図りました。ことにネクタイとシャツは、シルク製品としては、他と一線を画す、国内でも有数のものと自負しております。すべての工程に一貫して流れる「田屋ならではの物づくり」。それを心がけることこそが、銀座の伝統、ひいては田屋の未来へ繋がるものと信じています。

会社沿革

1905年(明治38) 梶原重蔵が東京市京橋区銀座四丁目一番地(現在地)に田屋洋品店舗を創業 舶来品の小売販売を始める
1923年(大正12) 9月 関東大震災により店舗消失 11月に営業を再開
1932年(昭和7) 1月 梶原市太郎が店主を継承
1945年(昭和20) 5月 戦火による焦土から店舗を再建 営業を再開
1952年(昭和27) 9月 株式会社田屋に改組 市太郎が代表取締役社長就任
1956年(昭和31) 12月 渋谷店開店(2003.6閉店)
1957年(昭和32) 6月 大阪店開店(2006.4閉店)
1958年(昭和33) 4月 金沢店開店
1961年(昭和36) 8月 札幌店開店
1966年(昭和41) 6月 隣接の銀座三越と共同ビルを新築
1967年(昭和42) 6月 名古屋店開店(2010.1閉店)
1970年(昭和45) 11月 田屋商事株式会社(卸売・開発部門)を設立
(2009.4株式会社田屋と合併)
1977年(昭和52) 10月 玉川店開店
1979年(昭和54) 8月 梶原章が代表取締役社長就任
1989年(平成1) 田屋織物工房設立(山形県米沢市)
1999年(平成11) 11月 梶原楊子が代表取締役社長就任
2005年(平成17) 創業100周年を迎える
2007年(平成19) 6月 梶原楊子が会長就任 梶原伸悟が代表取締役社長就任
11月 ホテルニューオータニ店開店
2010年(平成22) 9月 共同ビルの耐震改修のため銀座本店を全面改装 新装開店