製造工程 - カスタムメイドシューズ「謹製誂靴」

製造工程
職人によって生み出される最高の靴
 私たちは、一貫して「Goodyear Welted」という製法にこだわり続けています。「熟練された人の手に勝る機械は存在しない」「本物の革に勝る、素材は存在しない」という靴作りの哲学を英国から学び、さらに日本人独自の審美眼で、選び抜いた素材、磨いてきた技。200を超える工程を経てできあがるこれらの靴。私たちは、常に最高の靴づくりを目指しています。

Setp1. 裁断(Clicking)
革は自然素材。原皮それぞれに特性があり、部位それぞれに方向性があります。革一枚一枚を丹念にチェックしパーツを型入れし、切り出していきます。
Step2. 縫製(Closing)
  ポイントは立体的にまとめること。ステッチもデザインの一部。ひと針ひと針、心を込めて縫い上げます。
Step3. つり込み(Lasting)
  ラスト(靴型)に中底を仮止めし、縫製されたアッパーをまとめていきます。履き心地を左右する重要な工程。手を添えゆるみのないようラストにフィットさせていきます。
Step4. スクイ縫い(Welt Sewing)
  つり込まれたアッパーと中底に立てたリブに、ウエルト(細革)を縫い付けて行きます。縫い目は表に出ないものの、これがGoodyear製法の根幹であり、この構造が、丈夫で安定感抜群の履き心地を生むのです。
Step5. 出し縫い(Outsole Stitching)
  細革とソール(本底)を縫い上げます。クッション材になるコルクとシャンクという背骨の役割をはたす部材をしっかりサンドし、外観にも大きく影響する工程です。
Step6. コバ削り(Sole-edge Paring)
  コバ(底のサイドエッジ)を高速回転する刃物で削り出します。定規はなく職人の感が全てです。張り出させてボリュームを出したり、削り紺で華奢に仕上げたり、技が光ります。
Step7. コテ掛け(Sole Finishing)
  削り出した革に熱ゴテを当てて面を作り、インクを塗り磨きあげる。底面のオーナメントもまた、熱せられたコテで飾られていきます。
Step8. 仕上げ(Finishing)
  工程中についた油や汚れを洗い落とし、クリームを付けて磨き上げます。この後、敷革を貼り、紐を通してできあがり。最後に入念なチェックを受けます。
ブランド刻印(Blanding)
ブランドは品質に対する自信の証。和創良靴とは、和(日本と人の和を意味する)で良い靴を作り出すという私たちの決意です。
前へ       次へ